今回は結構持ってる人も多いブランドのルイヴィトン、通称?ヴィトンの買取について考えてみます。

年代関係なく所持している人も多いと思います。

歳は言いませんが(笑)、私たちの世代で流行った時期と言えば90年代初頭~2000年あたりでしょうか。

エピが大流行して誰も彼もがエピのバッグを持っていましたね。

男性用のセカンドバッグを女性が仕事の時に持っているシーンもありました。

そんな一世を風靡したエピのバッグたちも、兵どもが夢の跡・・・時代と共に流行が変わり、今はあまり持っている人を見かけなくなりましたね。

私もずっとクローゼットと言う名の押し入れに仕舞いっぱなしですしね。

そんな人って結構いるんじゃないでしょうか。

エピに限らずモノグラムもバッグも当時の流行と今の流行も少し違ってきているので、当時のモノグラムのバッグを持つのも、私は少し躊躇してしまいます。

 

と、いう事で色々処分して身軽になる為に、ブランド品を買取りに出す事も視野に入れて調べてみました。

古いバッグや財布でもヴィトンだったら、ソコソコまとまったお金になる様です。

と、言うのも普遍的なデザインの物なので、海外では古い物でも需要があるのだとか。

自分で海外のオークションに出品するのは難しいので、ここは普通にブランドの買取店を利用したいと思います。

 

大体どこのブランド品の買取屋さんでもヴィトン製品だったら高水準の買取をしているので、家の近所の買取屋さんに持って行ったとしても、そこそこの金額では買取って貰えます。

でも、せっかく思い出のあるバッグを売るんですから、ちょっとでも高い方が嬉しいですよね。

と、いう事で色々口コミサイトとかランキングサイトとか見ながら考えてみました。

 

そこで出した自分なりの答えは『とりあえずランキングサイトに載っているサイトは全部聞いてみよう』でした(笑)

今のご時世だとメールで簡単に聞けますしね、写真さえ撮っておけば、携帯でも問合せ出来ますし、その上で判断できますしね!

その上で納得した値段で手放したいと思いますので、皆さんも賢く手放しましょうね!

ヴィトンの買取について考えてみる。

投稿ナビゲーション