財テク、無駄遣いをせずにうまくやり繰りする事の略語ですが、いざ財テクと言われても何をして良いのか中々案が出てこないと思います。
勿論無駄遣いをしない事も財テクの一番肝心な所ですが、既に家の中に使わない物が溢れてしまっている状況じゃ無駄遣いもありませんよね(笑

「断捨離」という言葉が2010年の流行語大賞にノミネートされた事も記憶にあるかと思います。

不要な物が入って来る事を「」ち
家の中に長く置いたままの必要の無い物を「」て
勿体無いから捨てられないといった執着から「」れる

これが断捨離の意味ですが、この文章を見ると日本人の元々の性質の「もったいない」からかけ離れる行為にも取れます。

ですがここにリサイクル・リユースの利用が絡んでくると、途端に「もったいない」ので再利用をする事に通じてきます。

この10年ほどで色々な物のリサイクル業が台頭してきたのも、「もったいない」の精神からくるものだと思いますし、誰だって大事に使っていた物は最後まで使い続けてほしいと思うものですよね。

今は色々な物をリサイクル業者に引き取って貰う事が出来ますので、不要な物が多いと家も片付きませんし、一度不要な物をピックアップしてリサイクル業者に聞いてみては如何でしょうか。

勿論総合リサイクルショップもあるのでまとめて処分するのも楽ですが、せっかく専門店があるのですからそちらの方が特化した専門的なノウハウもありますし、個別に売却した方が高値が望めます。
洋服、家具、、家電品、CDやDVD、ゲームソフトやブランド品、漫画や書籍等、今はそれぞれの分野での専門のリサイクルショップがありますので、個別にまとめておき、種別ごとに買取って貰うのも「財テク」です。

財テクってどういうこと?

投稿ナビゲーション